QC検定ナビ

QC検定(品質管理検定)の問題、関連知識、試験情報を配信します。

QC検定2級模擬試験③ 問16

 JIS Q 9000:2015/ISO 9000:2015(品質マネジメントシステムー基本及び用語)で示される品質マネジメントのそれぞれの原則により得られる便益および適用する際にとるべき行動を示す次の文章に関する原則について、   内に入るもっとも適切なものを下欄の選択肢からひとつ選べ。ただし、各選択肢を複数回用いることはない。

  1. データおよび情報の分析および評価に基づく意思決定によって、望む結果が得られる可能性が高まる。  (1) 
  2. 活動を、首尾一貫したシステムとして機能する相互に関連するプロセスであると理解し、マネジメントすることによって、矛盾のない予測可能な結果が、より効果的かつ効率的に達成できる。  (2) 
  3. すべての階層のリーダーは、目的および目指す方向を一致させ、人々が組織の品質目標の達成に積極的に参加している状況を作り出す。  (3) 
  4. 品質マネジメントの主眼は、顧客の要求事項を満たすことおよび顧客の期待を超える努力をすることにある。  (4) 
  5. 組織内のすべての階層にいる、力量があり、権限を与えられ、積極的に参加する人々が、価値を創造し提供する組織の実現能力を強化するために必須である。  (5) 
選択肢
  1. 品質重視
  2. リーダーシップ
  3. 改善
  4. コンプライアンス
  5. 人々の積極的参加
  6. 客観的事実に基づく意思決定
  7. プロセスアプローチ
  8. 関係性管理
  9. 顧客重視
  10. リスクおよび機会

 

解答

(1) (2) (3) (4) (5)

解説

 XXX

(1)

 XXX

(2)

 XXX

(3)

 XXX

(4)

 XXX

(5)

 XXX