QC検定ナビ

QC検定(品質管理検定)の問題、関連知識、試験情報を配信します。

QC検定2級模擬試験① 問3

 

 次の文章において、   内に入るもっとも適切なものを下欄の選択肢からひとつ選べ。ただし、各選択肢を複数回用いることはない。なお、解答にあたって必要であれば付表を用いよ。

 P工場で生産している部品Aの重量Xは、母平均550.0、標準偏差2.5の正規分布N(550.0, 2.52)に従っており、その規格値は551.0±6.0である。重量の単位は省略する。P工場では、経済性の観点から、部品Aの重量Xを規格の中心値より、やや低めとねらいとして生産しているため、現状では、下限規格値外に不適合品が出ており、上限規格値外には不適合品はほとんど出ていない。

  1. この部品Aの重量Xが下限規格値(SL=551.0-6.0=545.0)外になる不適合品率は、 (1) %である。
  2. 不適合品率を減らすために、部品Aを重量Xで全数選別して、下限規格値(SL=545.0)外の不適合品をすべて取り除くことを検討した。選別後の部品Aの重量Xの平均値は、 (2) 。また、標準偏差は、 (3) 
  3. 下限規格値外の不適合品率を減らすために、不適合品を選別で取り除くのではなく、部品Aの製造のばらつきを減らすことを検討した。母平均は変わらないとして、下限規格値外の不適合品率を0.1%より小さくするためには、標準偏差を (4) より小さくしなければならない。
 (1) の選択肢
  1. 0.26
  2. 2.28
  3. 2.54
 (2) の選択肢
  1. 元の値と変わらない
  2. 元の値より大きくなる
  3. 元の値より小さくなる
 (3) の選択肢
  1. 元の値と変わらない
  2. 元の値より大きくなる
  3. 元の値より小さくなる
 (4) の選択肢
  1. 1.618
  2. 1.737
  3. 2.150

 

解答

(1) (2) (3) (4)

解説

 XXX

(1)

 XXX

(2)

 XXX

(3)

 XXX

(4)

 XXX