QC検定ナビ

QC検定(品質管理検定)の問題、関連知識、試験情報を配信します。

QC検定2級模擬試験① 問12

 

 次の文章において、   内に入るもっとも適切なものを下欄の選択肢からひとつ選べ。ただし、各選択肢を複数回用いることはない。

  1. 問題解決に用いられる方法を構成要素でとらえると、問題解決を進めるうえでの基本的な考え方、問題解決をどのように進めるかの具体的な手順、問題解決の手順の中で適用する手法などに分けられる。品質管理における改善活動の代表的なQCストーリーには、仮説を設定し、データの収集・検証に基づき真の原因を追究することを重視する (1) 型QCストーリーと、新しい方策や手段を追究して新しいやり方を創出することを重視する (2) 型QCストーリーがある。
  2. これらのQCストーリーは解決すべきテーマにより使い分けられることが多い。今まで経験のない新規業務への対応や現状を大幅に改善したいテーマに対して、現状の把握と要因の (3) を重視する (1) 型QCストーリーでは解決が難しい場合、 (2) 型QCストーリーが活用される。
     (1)  (3) の選択肢
    1. 推測
    2. 改善向上
    3. 解析
    4. 思考
    5. 課題達成
    6. 問題解決
    7. 点検
    8. 改革
    9. 現状維持
    10. 経験と勘

     

  3.  (2) 型QCストーリーを活用するにあたっては、取り組むテーマについて、経営活動の主要な目的である顧客満足と企業収益の向上などから定まる要望レベル(達成すべき目標)と現状レベルとのギャップを明確にし、その解決のためどこに重点をおいて方策を検討していくかという (4) を決める。そのうえで目標達のために、チェックリスト法やブレーンストーミング法などを使って多くのアイデアを出し、その中から (5) を評価し、有効な方策をいくつか選出する。
  4. 選出した方策を実現させる方法や手順をアローダイアグラム法やPDPC法などを活用して、目標達成に至る (6) としてまとめ、それを実施したときの (5) を予測する。さらに実施上の問題点やそれを取り除く手段を検討して、総合的に利害得失の評価を行い、その中から最適策を選定する。
     (4)  (6) の選択肢
    1. 失敗
    2. 攻め所
    3. 損失
    4. 5ゲン主義
    5. シナリオ
    6. 仮説
    7. 歯止め
    8. 期待効果
    9. 役割分担
    10. 可避原因

 

解答

(1) (2) (3)
(4) (5) (6)

解説

 XXX

(1)

 XXX

(2)

 XXX

(3)

 XXX

(4)

 XXX

(5)

 XXX