QC検定ナビ

QC検定(品質管理検定)の問題、関連知識、試験情報を配信します。

QC検定2級模擬試験② 問1

 

 次のサンプリングに関する文章にあてはまるサンプリング名を下欄の選択肢からひとつ選べ。ただし、各選択肢を複数回用いることはない。

 全国に50の支店があり、各支店の顧客数の合計が10,000名のA社では、顧客の購買調査を実施することにした。最終的には全数調査を実施する予定であるが、まずは調査方法の調整を兼ねて、予備調査として標本調査を実施することにした。

  1. 登録年数順に全顧客10,000名それぞれに1〜10,000番までの番号を付け、乱数を用いて100名を無作為に選び調査対象とした。  (1) 
  2. 登録年数順に全顧客10,000名それぞれに1〜10,000番までの番号を付け、1〜30の整数の乱数を1個発生させ、その乱数をaとし、a、a+50、a+100、a+150、‥、a+9,950 のそれぞれと同じ番号の200名を選び調査対象とした。  (2) 
  3. 50支店それぞれに1〜50番までの番号を付け、乱数を用いて4支店を無作為に選び、選ばれた支店の顧客を調査対象とした。  (3) 
  4. 50支店それぞれに1〜50番までの番号を付け、乱数を用いて10店舗を無作為に選び、選ばれた支店については、支店ごとにその支店の全顧客に番号を付け、乱数を用いてそれぞれ5名を無作為に選び調査対象とした。  (4) 
  5. 50店舗それぞれで、支店ごとにその支店の全顧客に番号を付け、乱数を用いてそれぞれ1名を無作為に選び調査対象とした。  (5) 
選択肢
  1. 単純ランダムサンプリング
  2. 2段サンプリング
  3. 層別サンプリング
  4. 集落サンプリング
  5. 系統サンプリング

 

解答

(1) (2) (3) (4) (5)

解説

 ランダムサンプリングの手法についての問題です。2級では選択肢の5種類が出題されます。

(1)

 単純ランダムサンプリングの例です。

(2)

 系統サンプリングの例です。

(3)

 集落サンプリングの例です。

(4)

 2段サンプリングの例です。

(5)

 層別サンプリングの例です。