QC検定ナビ

QC検定(品質管理検定)の問題、関連知識、試験情報を配信します。

QC検定2級模擬試験② 問9

 

 信頼性工学に関する次の文章において、   内に入るもっとも適切なものを下欄の選択肢からひとつ選べ。ただし、各選択肢を複数回用いることはない。

 下表は、ある電子部品40個を寿命試験にかけて得られた試験時間と故障数についてまとめたものである。

試験期間(時間) 中心値mi(時間) 故障数fi
0 〜 200 100 1
200 〜 400 300 0
400 〜 600 500 4
600 〜 800 700 3
800 〜 1000 900 8
1000 〜 1200 1100 8
1200 〜 1400 1300 7
1400 〜 1600 1500 4
1600 〜 1800 1700 4
1800 〜 2000 1900 1
  合計 40
  1. 各試験期間の中心値を故障時間の代表値とすると、電子部品40個の総動作時間を計算すると (1) (時間)となるので、この電子部品のMTTFは (2) (時間)となる
     (1)  (2) の選択肢
    1. 700
    2. 900
    3. 1100
    4. 28000
    5. 36000
    6. 44000

     

  2. この電子部品の動作時間の目標値を1400(時間)とするとき、目標値における不信頼度は (3) となり、信頼度は (4) となる。
     (3)  (4) の選択肢
    1. 0.165
    2. 0.225
    3. 0.355
    4. 0.645
    5. 0.775
    6. 0.835

 

解答

(1) (2) (3) (4)

解説

 XXX

(1)

 XXX

(2)

 XXX

(3)

 XXX

(4)

 XXX