QC検定ナビ

QC検定(品質管理検定)の問題、関連知識、試験情報を配信します。

QC検定2級模擬試験③ 問9

 

 信頼性工学に関する次の文章において、   内に入るもっとも適切なものを下欄の選択肢からひとつ選べ。ただし、各選択肢を複数回用いることはない。

  1. 製品に生じるさまざまな故障現象は、故障メカニズムや (1) によって分類される。故障現象が発生する仕組みによる分類を故障メカニズムという。発生する故障現象の形式もしくは観測される症状の分類を (1) という。ある一つの (1) が一つの故障メカニズムに対応するとは限らず、複数の故障メカニズムによって引き起こされる場合もある。
     (1) の選択肢
    1. 故障の木
    2. 設計責任者
    3. 故障時間
    4. 故障モード
    5. 故障

     

  2. 製品の故障率は、下図が示すように製品仕様の初期には徐々に現象し、中期には一定となり、その後増加し始めるとされるものが多い。これは (2) と呼ばれる。それぞれの時期を初期故障期、偶発故障期、磨耗故障期と呼ぶ。それぞれの時期では、異なる故障メカニズムによって引き起こされる (1) が観測される。
     (2) の選択肢
    1. バスタブ曲線
    2. ソーンダイク=芳賀曲線
    3. 信頼性成長曲線

 

解答

(1) (2)

解説

 XXX

(1)

 XXX

(2)

 XXX