QC検定ナビ

QC検定(品質管理検定)の問題、関連知識、試験情報を配信します。

QC検定2級模擬試験③ 問10

 

 次の1〜5の活動について、ねらいの品質に関する活動には⭕️、できばえの品質に関する活動には✖️を選べ。

  1. 設計にあたって、顧客のニーズを知るため、市場調査を行った。  (1) 
  2. 本格生産に先がけて試作品を作り、図面で定めた寸法に対して、どのくらいのばらつきになっているかを調べた。  (2) 
  3. 顧客に自社製品を使用した感想を聞いたところ、“操作方法が面倒だ”という意見が多かった。  (3) 
  4. 本来は、5年以上の寿命を考えていたが、1年以内に故障してしまうものがあり、それは部品Aに、不純物が入っていることが原因であることを突き止めた。  (4) 
  5. 生産当初は、不適合品が3%ほどであったが、工程管理と改善を繰り返し、不適合品0(ゼロ)で安定した生産を行っており、クレームも減っている。  (5) 

 

解答

(1) (2) (3) (4) (5)
⭕️ ✖️ ⭕️ ✖️ ✖️

解説

 ねらいの品質とできばえの品質に関する問題です。

(1)

 市場調査の結果は設計使用に反映されるため、ねらいの品質に関する活動です。

(2)

 設計に対するばらつきの調査のため、できばえの品質に関する活動です。

(3)

 顧客の評価も設計に反映されるので、ねらいの品質に関する活動です。

(4)

 設計への適合を調べたものなので、できばえの品質に関する活動です。

(5)

 設計への不適合撲滅に関するものなので、できばえの品質に関する活動です。