QC検定ナビ

QC検定(品質管理検定)の問題、関連知識、試験情報を配信します。

QC検定2級模擬試験③ 問13

 

 次の文章において、   内に入るもっとも適切なものを下欄の選択肢からひとつ選べ。ただし、各選択肢を複数回用いることはない。

  1. 企業の経営理念を明確にし、それに基づいて定め他経営戦略および長・中期経営計画や短期経営方針を効果的・効率的に達成するために、企業組織全体が協力して行う管理活動が (1) である。
  2. 企業は長・中期経営計画に基づき、会社としての年度の方針、重点課題、目標、方策を明示する。各部門はこの会社方針に従って自部門としての重点課題、目標、方策を策定し、同時に (2) を作成し、それに基づき活動を行う。また目標の達成をみるために評価尺度として (3) を作り、その尺度に基づいて目標値を定める。この尺度は (4) なものであることが望ましい。
  3. 実施による目標値の達成についてのチェックは、定期的(毎月、四半期など)に行うものや年度末に行う最終チェックなどがあるが、まずは結果のチェックの前に (2) のとおりに実施が行われ他かどうかチェックが必要である。その結果、もし予定どおり実施されていなければ、その原因を調べて対策を立てるようにする。一方、実施が計画どおりに行われている場合は、 (5) のチェックを行う。定期的チェックにおいては、当初想定していなかったことが発生した場合の調整や、実施をより効果的に実行するための方法を実施担当者に指導・助言を行うようにする。
    年度末のチェックは、過去1年間の総括であり、目標の未達、予定どおりいかなかった計画、残された課題、新たに発生した問題などについて分析を行い、次年度の方針、計画に反映させるようにすることが必要である。
選択肢
  1. 管理項目
  2. 定性的
  3. 総括的目標
  4. 機能別管理
  5. 定量的
  6. 実施計画書
  7. 方針管理
  8. 実施結果
  9. 実施項目

 

解答

(1) (2) (3) (4) (5)

解説

 XXX

(1)

 XXX

(2)

 XXX

(3)

 XXX

(4)

 XXX

(5)

 XXX