QC検定ナビ

QC検定(品質管理検定)の問題、関連知識、試験情報を配信します。

QC検定2級模擬試験③ 問14

 

 工業標準化に関する次の文章において、   内に入るもっとも適切なものを下欄の選択肢からひとつ選べ。ただし、各選択肢を複数回用いることはない。

  1. “日本工業規格”は、その性格によって区分すると、次の三つに分類することができる。
    1.  (1) 規格
      用語、記号、単位、標準数などの共通事項を規定したもの
    2. 方法規格
      試験、分析、検査および測定の方法、作業標準などを規定したもの
    3. 製品規格
      製品の形状、寸法、材質、品質、性能、機能などを規定したもの
  2. “JISマーク表示制度”は、ある製品を対象として使用目的に応じた一定の品質についてJISで規定し、これらの製品が当該JISに規定する品質等の各要件に合致していると認められる場合、それを証明する“印”として“JISマーク”を製品や梱包等に表示することによって、当該製品のJISへの適合を証明(認証)するものである。なお、JISマーク表示にかかわる認証を希望する事業者は、主務大臣より (2) された機関から認証を受ける必要がある。
  3. “試験事業者認定制度”は、JISマーク表示制度の対象品目/種目以外の鉱工業品に関するJISについて企業や事業所が当該JISへの製品の“自己適合宣言”を行おうとする場合、その信頼性を高める支援として、当該JISに規定される試験方法の実施に関して“一定の能力を有する試験事業者”として (3) が認定するものである。認定された試験事業者は認定された試験方法の範囲内において、特別な標章(ロゴ)付きの試験成績表である証明書を発行できる。
選択肢
  1. 基本
  2. 農林水産大臣
  3. 推薦
  4. 基準
  5. 日本規格協会
  6. 経済産業大臣
  7. 防衛大臣
  8. 主務大臣誰でも
  9. 日本工業標準調査会
  10. 登録

 

解答

(1) (2) (3)
イ or カ

解説

 XXX

(1)

 XXX

(2)

 XXX

(3)

 XXX