QC検定ナビ

QC検定(品質管理検定)の問題、関連知識、試験情報を配信します。

QC検定3級模擬試験② 問8

 

 グラフの活用に関する次の文章において、   内に入るもっとも適切なものを下欄の選択肢からひとつ選べ。ただし、各選択肢を複数回用いることはない。

 ある工程で、同じ仕様の設備5台を使用して生産を行っている。毎年、気温が高かくなると不適合品の発生が多くなるといわれている。QCサークル活動を通じてデータの分析を行い、不適合品率の改善を図ることとなった。

  1. 1年間のデータから、毎月の不適合品率の (1) をグラフ化して、気温が高くなる8月前後に不適合品率が増加するかどうかを検証する。このとき用いる最適なグラフの名称は (2) である。
  2. 1年間のデータを5台の設備ごとに (3) して集計し、各設備の不適合品数の占有率(%)を円の面積で表し、設備による不適合発生の違いの有無を検討する。このとき用いる最適なグラフの名称は (4) である。
  3. QCストーリーに従って計画的にQCサークル活動を進めることが大切である。そのための手法として、 (5) を棒線で表示し、活動の進捗を管理する。このとき用いる最適なグラフの名称は (6) である。
  4. 1年間のデータから、不適合品項目ごとにデータを集計して、 (7) で数量の大きさを表し、どの不適合項目が多いのかを直感的に把握する。このとき用いる最適なグラフの名称は (8) である。
 (1)  (3)  (5)  (7) の選択肢
  1. 棒の長さ
  2. 相関
  3. 目標
  4. 計画と実績
  5. 解析
  6. 点の大きさ
  7. 時系列変化
  8. 層別
 (2)  (4)  (6)  (8) の選択肢
  1. 棒グラフ
  2. レーダーチャート
  3. ガントチャート
  4. 円グラフ
  5. 折れ線グラフ

 

解答

(1) (2) (3) (4)
(5) (6) (7) (8)

解説

 XXX

(1)

 XXX

(2)

 XXX

(3)

 XXX

(4)

 XXX

(5)

 XXX