QC検定ナビ

QC検定(品質管理検定)の問題、関連知識、試験情報を配信します。

QC検定3級模擬試験③ 問3

 

 各部署の新人が研修で自分の職場の過去のデータをもとにパレート図を作成していたら、途中で先輩のチェックを受けた。1〜6の先輩の指摘にもっとも該当する図を下欄の選択肢からひとつ選べ。ただし、各選択肢を複数回用いることはない。

  1. “その他”の位置がおかしい。  (1) 
  2. ひとつの項目がほとんどを占めている。次は、その項目にしぼって、内容を細分化してもうひとつパレート図を作るとよい。  (2) 
  3. 項目を並べる順序はよいのだが、項目が細分化されたままである。小さなものは、まとめた方がよい。  (3) 
  4. “その他”の位置はよいが、項目の順序がおかしい。  (4) 
  5. これは不適合項目を順に並べた棒グラフである。パレート図ではない。  (5) 
  6. 重点の項目がわからない。その他の項目の内容を見直して、分類をやり直して、取り組むべき重点を再検討してみるとよい。  (6) 
選択肢
  1. XXX
  2. XXX
  3. XXX
  4. XXX
  5. XXX
  6. XXX
  7. XXX

 

解答

(1) (2) (3)
(4) (5) (6)
ウorア アorウ

解説

 QC七つ道具のひとつである

(1)

 パレート図では、一般にその他項目を右端に記載します。

(2)

 図イは項目一つだけで全体のほとんどを占めています。

(3)

 項目が細分化されたままの図オが該当します。

(4)

 パレート図では、件数の多い項目を左から並べます。

(5)

 パレート図では、間を空けずに記載します。

(6)

 その他の項目が多すぎる場合は、細分化を検討します。