QC検定ナビ

QC検定(品質管理検定)の問題、関連知識、試験情報を配信します。

QC検定3級模擬試験③ 問4

 

 特性要因図に関する次の文章において、   内に入るもっとも適切なものを下欄の選択肢からひとつ選べ。ただし、各選択肢を複数回用いることはない。

  1. 特性要因図は仕事の結果である (1) に影響するいろいろな (2) を整理し、関連づけしてわかりやすく表したものであるから、その職場で取り上げた問題の解決に役立つような使い方を工夫することが必要である。そのためには、特性要因図を作成する (3) をよく考えて使用することが大切である。
     (1)  (3) 選択肢
    1. 原因
    2. 目的
    3. 課題
    4. 問題
    5. 特性

     

  2. 特性要因図を作成するときには、その問題に関連する人たち全員が参加して自由に意見を出し合い、衆知を集めて作ることが必要である。しかし、頭の中で考えた意見だけでは役に立たないため、 (4) に基づいて意見を出し合うことが大切である。
     (4) の選択肢
    1. 機能
    2. PDCA
    3. 事実
    4. 顧客満足
    5. 雰囲気

     

  3. 作成された特性要因図は、日常の要因管理に役立つ。不適合品や異常が発生したときに原因を追求し、その都度特性要因図の要因にチェックマークを記入して要因の (5) を行い、重要度の順に日常の管理項目として要因を管理する。
     (5) の選択肢
    1. 重みづけ
    2. 層別
    3. 標準化
    4. 抽象化
    5. 工程管理

 

解答

(1) (2) (3) (4) (5)

解説

 XXX

(1)〜(3)

 XXX

(4)

 XXX

(5)

 XXX