QC検定ナビ

QC検定(品質管理検定)の問題、関連知識、試験情報を配信します。

管理活動・仕事の進め方③《4級問題》

 

 次の文章において、   内に入るもっとも適切なものを下欄の選択肢からひとつ選べ。ただし、各選択肢を複数回用いることはない。

  1. 目的を達成するための仕事の進め方の基本は、PDCAサイクルを回すことである。
    PDCAサイクルとは、以下の一連のサイクルのことである。
    P(プラン): (1) を立てる。
    D(ドゥ): (1) に従って (2) する。
    C( (3) ): (4) を点検、評価する。
    A(アクト):想定どおりの (4) であれば、 (1)  (2) を継続し、想定と異なる (4) となった場合は、対策する。
    選択肢

    ア.原因

    イ.結果

    ウ.維持

    エ.計画

    オ.目的

    カ.実施

    キ.カウント

    ク.チェック

    ケ.チョイス

     
  2. 経験が十分蓄積され、技術が確立されている場合には、既に明らかになっているよい方法を (5) し、 (6) のサイクルを回すことがある。つまり (6) サイクルは維持活動における管理サイクルといえる。
    選択肢

    ア.規格化

    イ.標準化

    ウ.対策

    エ.PDCS

    オ.PDSA

    カ.PSCA

    キ.SDCA

     

 

解答

(1) (2) (3) (4)
(5) (6)

解説

(1)〜(4)

 仕事の進め方の基本となるPDCAサイクルとは、P(Plan、プラン、計画する)、D(Do、ドゥ、実施する)、C(Check、チェック、確認・評価する)、A(Act、アクト、処置・改善する)を繰り返し実施するものです。

(5)〜(6)

 技術が確立されている場合は、Pに代え、S(Standardize、標準化する)を行い、SDCAサイクルを回すこともあります。