QC検定ナビ

QC検定(品質管理検定)の問題、関連知識、試験情報を配信します。

標準化①《4級問題》

 

 次の文章において、   内に入るもっとも適切なものを下欄の選択肢からひとつ選べ。ただし、各選択肢を複数回用いることはない。

 和菓子の老舗であるA社では、塩大福が人気である。多数の注文があった際には、多くの従業員が作れると全体の作業 (1) が向上し、労働の負担が (2) になると期待できる。
 しかし、各従業員が作るとなると、味や量に (3) が生じる可能性がある。そこで塩大福調理の (4) を行った。そこで作成した (5) には、使用する (6) の種類や量、調理の (7) について記載した。

選択肢

ア.手順

イ.標準

ウ.材料

エ.ばらつき

オ.収入

カ.平均

キ.効率

ク.標準化

ケ.公平

 

 

解答

(1) (2) (3) (4)
(5) (6) (7)

解説

標準と標準化の意味は以下の通りです。

  • 標準とは
    関係する人々の間で利益又は利便が公正に得られるように統一・単純化を図る目的で定めた取決め。
    測定に普遍性を与えるために定めた基準として用いる量の大きさを表す方法又はもの。
  • 標準化とは
    効果的・効率的な組織運営を目的として、共通に、かつ繰り返して使用するための取決めを定めて活用する活動。