QC検定ナビ

QC検定(品質管理検定)の問題、関連知識、試験情報を配信します。

標準化②《4級問題》

 

 次の文章に対応する標準の分類として、もっとも適切なものを下欄の選択肢からひとつ選べ。ただし、各選択肢を複数回用いることはない。

  1. 製品などの基本構造を定めたもので、設計、製図、部品などについて設定される。  (1) 
  2. 生産に使用する材料、部品、製品について、購買、製造、検査、管理などのやり方についての標準で組織(会社)内で適用される。  (2) 
  3. 組織や業務の内容・手順・手続き・方法に関する事項について定められている。  (3) 
  4. 製造における作業方法、作業条件、管理方法、使用材料、使用設備その他の注意事項などについて定められている。  (4) 
  5. 材料・製品・工具・設備などに要求される形状・構造・寸法・成分・能力・精度・性能・製造方法・試験方法などが定められている。  (5) 
選択肢

ア.作業標準

イ.社内標準

ウ.地域標準

エ.業務規定

オ.規格

カ.技術仕様書

キ.設計書

 

 

解答

(1) (2) (3) (4) (5)

解説

 JIS等における各用語の定義は以下の通りです。

  • 規格
     与えられた状況において最適な秩序を達成することを目的に、共通的に繰り返して使用するために、活動又はその結果に関する規則、指針又は特性を規定する文書であって、合意によって確立し、一般に認められている団体によって承認されているもの
  • 社内標準
     個々の会社内で会社の運営、成果物などに関して定められた標準
  • 業務規定
     企業の各部門における業務について、担当、実施すべき業務の内容、手順、手続き、方法、権限及び責任に関する事項などについて定めたもの
  • 作業標準
     作業の目的、作業条件、作業方法、作業結果の確認方法などを示した標準
  • 技術仕様書
     製品、プロセス又はサービスが満たさなければならない技術的要求事項を規定する文書