QC検定ナビ

QC検定(品質管理検定)の問題、関連知識、試験情報を配信します。

工程とプロセス②《4級問題》

 

 次の文章において、   内に入るもっとも適切なものを下欄の選択肢からひとつ選べ。ただし、各選択肢を複数回用いることはない。

 同一の生産工程で製造されたものでも、品質特性が同じになるとは限らない。その原因は、生産工程での作業者の (1) 、機械や設備の (2) 、材料の (3) 、作業方法の (4) 、試験や測定における (5) などによるばらつきが影響しているためである。人(Man)、機械・設備(Machine)、原材料(Material)、 (6) はばらつきを生じさせる工程の4要素であるが、これに (7) を加えて、工程の5要素といい、頭文字をとって生産の (8) という。品質の向上に向けては、この (8) をきちんと管理する必要がある。

選択肢

ア.誤差

イ.寿命

ウ.不徹底

エ.5M

オ.変動

カ.調整

キ.方法

ク.計測

ケ.工程

コ.生産

サ.能力

 

 

解答

(1) (2) (3) (4)
(5) (6) (7) (8)

解説

 工程の要素を追究していくと、人(Man)、機械・設備(Machine)、原材料(Material)、方法(Method)の四つがその構成要素になります。この四 つの英語の頭文字をとって生産の4Mといいます。良い仕事をするには、この4Mをしっかり管理すればよいとされています。なお、計測(Measurement)を加えて5Mという場合もあります。