QC検定ナビ

QC検定(品質管理検定)の問題、関連知識、試験情報を配信します。

事実とデータに基づく判断④《4級問題》

 

 次の文章において、   内に入るもっとも適切なものを下欄の選択肢からひとつ選べ。ただし、各選択肢を複数回用いることはない。

 裁量労働制を採用しているある企業において、労務管理の一環で、従業員の時間外業務(残業)の時間を調査することとなった。従業員は、企業全体で5,000人と多いため、無作為に抽出した20人の従業員から聞き取り調査を行った。

 この調査における母集団は (1) であり、その大きさは (2) である。また、この調査のサンプルの大きさは (3) である。

選択肢

ア.企業の従業員

イ.聞き取りした従業員

ウ.20人

エ.5,000人

オ.無限大

 

 調査の結果、20人の1日あたりの残業時間は(分/日)の合計は、2,400分であった。また最も長い人の残業時間は300分、最も短い人の残業時間は30分であった。

 20人の平均残業時間は (4) であり、残業時間の範囲は (5) である。

選択肢

ア.90分

イ.120分

ウ.180分

エ.270分

オ.300分

 

 

解答

(1) (2) (3) (4) (5)

解説

(1)〜(3)

調査対象は企業全体の従業員(5,000人)、サンプルの大きさは聞き取りした従業員(20人)です。

(4)〜(5)

平均値=(データの総和)÷(データ数)=2,400÷20=120(分)
範囲=(最大値)-(最小値)=300-30=270(分)