QC検定ナビ

QC検定(品質管理検定)の問題、関連知識、試験情報を配信します。

事実とデータに基づく判断⑥《4級問題》

 

 次の文章において、   内に入るもっとも適切なものを下欄の選択肢からひとつ選べ。ただし、各選択肢を複数回用いてもよい。

 スポーツ用品店をチェーン展開している会社が、各支店の売上高を集計ししている。現段階で下表のデータが整理できており、合計売上高はわかっているが、C支店とE支店の内訳が不明の状況である。

  A支店 B支店 C支店 D支店 E支店 合計
売上高 100万円 200万円 - 150万円 - 800万円

 各支店の平均売上高は (1) であり、売上高の範囲は (2) である。

選択肢

ア.150万円

イ.160万円

ウ.180万円

エ.200万円

オ.350万円

カ.450万円

キ.不明

 

 

解答

(1) (2)

解説

 合計値(800万円)とサンプル数(5支店)はわかっているため、平均値は800÷5=160(万円)であることが求められます。
範囲は、最大値・最小値が不明のため、この時点ではわかりません。
*ただし、範囲の最大は800-(100+200+150)=350であることはわかります。