QC検定ナビ

QC検定(品質管理検定)の問題、関連知識、試験情報を配信します。

QC七つ道具⑪《4級問題》

 

 ブレーンストーミングに関する次の文章において、   内に入るもっとも適切なものを下欄の選択肢からひとつ選べ。ただし、各選択肢を複数回用いることはない。

  1.  (1) を作成する場合は、関係者が集まり、ブレーンストーミングにより (2) 多くの意見を出し合い、要因を出していくことが重要である。
  2. ブレーンストーミングとは、 (3) を開発するための (4) 思考の技法の一つである。この方法は、参加メンバーが (2) 意見や考えを出し合い、優れた (5) を引き出す方法である。
選択肢

ア.自由に

イ.制約条件の下で

ウ.現場力

エ.創造性

オ.発想

カ.対策

キ.個別的

ク.集団的

ケ.特性要因図

コ.パレート図

 

 

解答

(1) (2) (3) (4) (5)

解説

 特性要因図を作成する際は、ブレーンストーミングを用います。
 ブレーンストーミングは「発言を批判しない」、「どんな発言でも取り上げる」、「発言は多いほど良い」、「他人のアイデアに便乗する」の4つの基本ルールに従ってすすめる思考の技法です。