QC検定ナビ

QC検定(品質管理検定)の問題、関連知識、試験情報を配信します。

より良い製品づくりのための心構えと行動⑤《4級問題》

 

 次の文章において、   内に入るもっとも適切なものを下欄の選択肢からひとつ選べ。ただし、各選択肢を複数回用いることはない。

  1. Q社長は、自社工場の移転を検討しており、移転先の候補を1件に絞り込んだ。その後、この物件の評価を行うため、 (1) 主義の実践として、次の調査を社員に命じた。
    •  (2) の観点から、立地状況などを確認するため、現地へ行って確認すること。
    •  (3) の観点から、図面や写真だけでなく、実物を観察しに行くこと
    •  (4) の観点から、工場内の状況や老朽化具合の程度を確認すること
  2. 1の調査結果を確認したQ社長は、次のように評価した。
     「築年数に対して、通常想定されるよりも老朽化が激しく、 (5) に照らし合わせ、構造や設備に何かしら問題がある可能性がある。
     また、資材の運搬のために、広い道路に面していることが (6) である、この物件は狭い路地の先にあり不便である。」
  3.  (1) 主義に、 (5)  (6) を加えたものを (7) 主義という。
選択肢

ア.三元

イ.三現

ウ.5ゲン

エ.原々

オ.現状

カ.現物

キ.原理

ク.現場

ケ.法則

コ.現実

サ.原則

 

 

解答

(1) (2) (3) (4)
(5) (6) (7)

解説

(1)〜(4)

問題解決の際は、現場で、現物を見て、現実を確認・検討することが重要です。これを実践すること、またこのような考え方を、三現主義といいます。

(5)〜(7)

三現主義を実践する中で、基準となる原理・原則に照らして考えることを、5ゲン主義といいます。