QC検定ナビ

QC検定(品質管理検定)の問題、関連知識、試験情報を配信します。

より良い製品づくりのための心構えと行動⑦《4級問題》

 

 次の文章で正しいものに⭕️、正しくないものに✖️を選べ。

  1. 業務に支障がなければ、多少休憩時間を延長しても問題ない。  (1) 
  2. 作業開始時に指差呼称が義務付けられているが、周辺への迷惑を考慮し、声は出していない。  (2) 
  3. 独創性が低下するため、制服が支給されても着用しない方がよい。  (3) 
  4. 会社から支給されているボールペンよりも、私物のペンの方が使いやすいため、それを利用している。  (4) 
  5. 会社から支給されているボールペンは、使用しない場合でも、持ち帰って私物化してはいけない。  (5) 
  6. ある日の現場作業は、前日と同じような作業であったため、危険予知活動は不要と判断した。  (6) 
  7. 定期的に実施している危険予知トレーニングについて、いつもはイラストや写真で実施しているが、今回は現場で実物を見ながら実施することにした。  (7) 

 

解答

(1) (2) (3) (4)
✖️ ✖️ ✖️ ⭕️
(5) (6) (7)
⭕️ ✖️ ⭕️

解説

(1)業務時間は厳守しなければなりません。

(2)ヒューマンエラー防止の観点から、義務付けられている声出し確認を省略してはいけません。

(3)統制の観点から着用すべきです。

(4)特に問題のない行為です。

(5)会社支給物はあくまで会社のものです。

(6)危険予知活動は、似たような作業でも、環境や時刻などが異なることもあるので、省略してはいけません。

(7)危険余地トレーニングは、現場での実施も有効です。